住宅ローンの借り換えを考えたら

2月 24th, 2014  Posted at   住宅ローン 金利
arrow   |   No Commentsarrow

住宅ローンの金利が下がってきています。過去に高い金利で住宅ローンを借りてしまった人におすすめされているのが、借り換えです。借り換えとは今のローンを解約し、新しいローンで残りの住宅ローンを支払うことを目的としています。


住宅ローンの借り換えでかかる費用

住宅ローンの借り換えは新しいローンに切り替えるということになりますから、もちろん手数料などがかかってきます。借り換えでかかる費用をご紹介します。まずはローン借り換えの手数料です。手数料の設定は会社によって違います。いくらの借り換えでも一律で支払うところ、残高に応じて変わるところとあります。きちんと計算をしてみましょう。また保険料や保証料金がかかる会社もあります。


借り換え残高の1割程度と思っておこう

多くの住宅ローンでは借り換えなどでかかる諸経費は、住宅の5パーセントから10パーセントと考えられているそうです。そのため、現金で貯金しておくお金として、だいたい購入金額の2割程度の貯金を目安にする、と言われているそうです。2000万円の住宅であれば、400万円と言うことです。このお金は取得にかかる税金や、登記などにかかるお金なども考えて、契約前に準備をすすめられているお金です。

Comments are closed.