住宅ローンの返済方法

4月 11th, 2014  Posted at   住宅ローン 金利
arrow   |   No Commentsarrow

住宅ローンの返済方法には大きく分けて「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。この2つには、毎月の返済額と返済総額に大きな違いがありますのでよく検討して適切に選択することが大切です。


<元利均等返済>

元利均等返済は、毎月の返済額が一定になるよう、元金部分と利息の部分の割合が変化します。当初は利息部分が多いため、元金はなかなか減りませんが、支払額が一定であることから返済計画が立てやすい返済方法です。元金がなかなか減らない分、元金均等返済に比べて支払総額は多くなります。


<元金均等返済>

元金均等返済は、元金を支払回数ごとに均等にしたものに利息分を上乗せして毎月返済していく方法です。返済当初の利息分が重く、次第に負担が軽くなっていきます。元金は毎回同じ額ずつ減ってゆくため、支払い総額は元利均等返済よりも少なくなりますが、当初の負担が重いため住宅ローンの返済計画に支障をきたさないようにしなければなりません。


<安全に支払総額を抑えるには>

元金均等返済に比べ、どうしても支払総額が上回る元利均等返済ですが、元金均等返済に匹敵するほど支払う利息の金額を減らす方法があります。それは、一部繰り上げ返済をマメに行ってゆく方法です。そうすれば、無理なく可能な限り早く元金を減らすことができます。

住宅ローンの返済は、少しでも早く終わらせたいものですが、不測の事態への備えとともに、年収の変化や将来的に必要な資金等を見越して10年分ほどの収支予測を立てたうえで無理のない返済方法を選ぶことが先々の安心につながります。

Comments are closed.