住宅ローンの選び方(金利タイプと返済期間の違い)

8月 29th, 2014  Posted at   住宅ローン 金利
arrow   |   No Commentsarrow

住宅ローンを扱っているのは主に銀行、信用金庫、などの民間金融機関です。一つの金融機関でもいろいろな種類の住宅ローンがあります。


<金利タイプ>

自分のライフスタイルに適した住宅ローンを選ぶにはまず金利タイプに注目しましょう。変動タイプと固定タイプの2種類があります。変動タイプはその名の通り金融機関が定めた期間で金利が変動するタイプです。固定タイプは貸出し時の金利が固定されるタイプです。固定タイプには完済まで固定される全期間固定型と、貸出しから一定期間固定で、その期間が過ぎたあとは変動する固定期間選択型があります。タイプによって総返済金額が大きく変わってきますので、自分のライフスタイルに最も適した住宅ローンを慎重に選びましょう。


<返済期間の設定>

高額資金を借入れして長期間で返済する住宅ローンですから返済期間の設定が重要です。ほとんどの金融機関が最長35年という返済期間を設定して、完済時の年齢を80歳前後としています。借入れ時の自分の年齢、年収などから慎重に返済期間を設定しましょう。定年後も返済を続けるのならば退職金や年金などを考慮しなければいけません。繰り上げ返済で返済期間を短くすることも考えて慎重なシミュレーションが必要です。

Comments are closed.