住宅ローンを夫婦で購入するときの注意

2月 24th, 2014  Posted at   住宅ローン 金利
arrow   |   No Commentsarrow

住宅ローンの金利が非常に低くなり、購入者も増えているようです。またその中でも多いと言われているのが、共働きの夫婦による住宅の購入です。しかしローン減税などの条件から、収支合算をしてローンを契約すると、名義人以外のお金が戻ってこないというトラブルになりかねないと言われています。


住宅ローンを夫婦で購入する予定なら注意を

お金を借りるには連帯保証人や連帯債務者などの表現があります。これはとても似ている言葉ですが、大きく意味合いが異なるのです。特に夫婦で収支合算の上、住宅ローンを契約した場合、二人とも税金が返ってくると思いがちですね。しかし、連帯保証人が奥さん、という場合は、税金は還付の対象外となります。連帯債務者とは、2人に同じ権利が与えられているものです。しかし、連帯保証人となった場合、保証人は契約者と一緒に債務を返済するという考え方をしているのです。


2人分の税金を戻せるのは連帯債務者だけ

有名な会社だとフラット35などが、この連帯債務者システムを利用しています。またほかの銀行から借り入れを行って住宅ローンを契約する場合は、男性と女性で金額を分け、別々の融資として契約を行うことで、税金の控除を二人が受けることができるようになります。2人とも働いていて、2人減税控除を受けたいと考える場合は、連帯保証人として借りないように気を付けましょう。

Comments are closed.